スマホゲーム課金ランキングTOP10!【2018年版】

Game

日本ではご存知の通りスマホゲームはもはや定番です。

スマホゲームのせいで日本人の視力が落ちているという報道もあるくらい、日本においてスマホゲームは大きな割合を占めています。

さらに日本人の課金の多さは世界でも群を抜いていることでも有名です。

中でも特定の人気のあるモバイルゲームの課金額が市場全体の収益の約半分を占めているという話もあり人気は特定のゲームに集中しているようです。

では、日本国内で課金額が多いゲームはどのようなラインナップなのでしょうか?

モバイルゲームの統計に関する「ファミ通モバイルゲーム白書」2018年版によるアプリ内購入が最も多い上位10のモバイルゲームをご紹介します。

10位:アイドルマスターシンデレラガールズスターライトステージ

プレイヤーが10代のアイドルを育てていくとても人気のあるリズムゲームです。

メインのアイドルマスターシリーズのスピンオフであるこのゲームでは、プレイヤーは実際のお金を使って戦利品ボックスを購入できます。

戦利品ボックスではお気に入りのキャラクターをゲットできる可能性があり、その後アイドルグループで演奏できます。

このゲームはキャッチーな曲、可愛いアニメキャラクターにより最近のシンデレラガールズスターライトステージクルーズまでかなりの支持を集めています。

2018年のアプリ内購入で202億円の売上を叩き出したのもこれらのおかげでしょう。

【アイドルマスター シンデレラガールズ スターライトステージ】 「Star!!」篇プレイ動画

9位:実況パワフルプロ野球(リアルパワフルプロ野球)

前年より順位が下がってしまったのは、モバイルプラットフォームで最も人気のあるスポーツゲームである実況パワフルプロ野球です。

このゲームでは戦利品ボックスで勝ったり、実際のお金で購入できるお気に入りのプレーヤーで独自のチームを構築できます。

野球ファンにとってとても魅力的なゲームでしょう。

2018年には219億円の売上を計上しました。

スマホのパワプロやってみた!【ヒカキンゲームズ with Google Play】

8位:ポケモンGO

2016年から世界中を魅了し続けているポケモンGO。

内容は説明するまでもありませんが、2018年の売上は251億円であったそうです。

Pokémon GO Fest 2020詳細情報!チケットは買うべきか!?【ポケモンGO】

7位:グランブルーファンタジー/グラブル

シングルプレイヤーによりロールプレイングゲームのグランブルーファンタジー。

ファイナルファンタジーの製作者によって作られた、豪華なアートと美しい音楽でゲームファンを魅了しています。

特別な能力や高いパワーレベルを持つ、スーパー、スーパーレアキャラクターを獲得するためにプライヤーは多くの課金を行っているようです。

年間売り上げたかは264億円にも登りました。

【グランブルーファンタジー】「星の旅人編 -理想郷の子供達-」予告PV

6位:Line:ディズニーツムツム

以外に感じる方も多いかもしれません。ラインの有名なディズニーツムツムは課金が多いことでも有名なゲームです。

ディズニーキャラクターの可愛い球体のパズルゲームであるこのゲームは、何年もの間最も人気のあるLINEゲームとして人気を博しています。

残念ながら2017年の課金額303億円から2018年には270億円に減ってしまったようです。

【ツムツム】たった1つのシンデレラ高得点のコツ!初心者と上級者はここが違った!他のツムでもこのやり方の代用すれば点数が上がります!【こうへいさん】

5位:ドラゴンボールZ:ドッカンバトル

世界中で人気なアニメ:ドラゴンボールのカードゲーム、パズルゲームです。

プレイヤーはドラゴンボールキャラクターがストーリーとの戦いと進行に仕様されるボードゲームスタイルの世界を楽しむことができます。

ドッカンバトルにはさまざまなレアキャラクターをドロップできる戦利品ボックスが含まれています。

このゲームにプレイヤーは魅了され2017年よりも34億円多い課金を行ったようです。

2年連続での5位ランクとなりました。

【ドッカンバトル】謝罪不可避の究極パワー!変身アルティメット悟飯が強過ぎる動画

4位:荒野行動

生きるか死ぬかのバトルロワイヤルゲームの荒野行動。

日本のモバイルゲーム課金ランキングに新たにランクインしたようです。

プレイヤーはマップを探索し武器を見つけ敵を倒していきます。

他のバトルロワイヤルゲームであるバトルグラウンドやフォートナイトと同様に人気を集めているようです。

大人気アニメ「進撃の巨人」とのコラボにより2018年のアプリ内課金は404億もの額となりました。

【荒野行動】スマホ荒野勢必見!! 実は最新アプデで敵が見やすくなった?!

3位:パズドラ

TVCMでも有名なパズドラ。

戦略を立てながら進めていくRPG要素を備えたパズルゲームとなっています。

2017年と同様に3位のランクインとなりました。

その一方で一部のプレイヤーからは有料ゲームとして批判を受けているようです。

購入数は2017年よりわずかに減少しましたが、それでも487億円の売上となったようです。

【パズドラ】大罪龍と鍵の勇者 隠しキャラ2体解説!出現方法も!

2位:フェイトグランドオーダー(FGO)

非常に人気のオンラインRPGゲームグランドオーダー。

プレイヤーの多くがコアなファンで非常に多くの課金をしているようです。

あまりにも有名なゲームなので2位であることに驚きもありません!?

【FGO】最効率でサーヴァントを育成する方法!!✨【フェイトグランドオーダー】【鯖、スキル、種火、QP、アイテム素材集め】【Fate/Grand Order】【攻略】【REN】

1位:モンスターストライク/モンスト

堂々の一位は狩猟系RPGモンスターストライクです。

2年連続で課金額No.1モバイルゲームの座に輝きました。

モンストは画面上でクリーチャーをカタパルトし敵のモンスターを倒して集めながらステージをクリアしていきます。

多くの強力なモンスターを獲得する機会を得るために課金をするプレイヤーも多くなんと933億円の課金額となっています。

【最高数⁉︎】神イベ‼︎アゲインガチャで100連以上無料で引けた件wwwwww【モンスト】【アゲ玉】

終わりに

いかがでしょうか。以上がスマホゲーム課金ランキングです。

驚くべき市場規模となっていますが、残念なことに上位3つのゲームのアプリ内課金額は全て2017年から減少しているようです。

その代わりにグラブルやドッカンバトルなどの7位までのゲームは増加傾向にあるようです。

とは言ってもそれでもモンストとグランドオーダーのか金額はシンデレラガールズの4倍以上の課金額を維持しています。

まだまだ上位ゲームに人気は続きそうです。

出典:https://www.famitsu.com/news/201902/06171527.html

コメント

タイトルとURLをコピーしました